ホールダウン

こんばんわ、

この暑さ

どうにかならないものか・・・


朝顔には、朝晩お水をあげなくてはなりません。
朝顔もがんばっている。



ホールダウンアンカーボルト!

基礎と建物を、つなぐ役目。
地震などが起きた時にはたらく、引き抜きの力を、
このホールダウン金物が、踏ん張って支えてくれます。

これから、建物の荷重が載ってから、
つなぐ金物をセットして、絞めつけます。



ツーバイフォー工法が地震に強い

お客様から、

「ツーバイフォーってなに?地震に強いっていうのは見たことがあるけど・・・」
というご質問をいただきます。

ツーバイフォーが地震に強いことを、国が認めてくれたこととして、
一番わかりやすいのが、

木造ツーバイフォー工法は、
「地震保険・火災保険が割安になる」
ということがございます。

地震保険は、
木造の中から、ツーバイフォーのみ、鉄骨造と同じレベルの扱いとしてみられます。
ということは、鉄骨造と同じくらい地震に対して強度があるということを、
認められているのです。


何故、地震につよいのか。
ツーバイフォー工法は、面構造。
構造体が、面で構成されているので、
外から力が加わった際(地震時)に、
その外力を、家全体・面全体で分散してうけることができます。



軸組み工法は、名前のとおり「軸」が構造耐力上主要な部分となっていますので、
その軸・接合部で、外力を受けなくてはなりません。

一瞬の大きな力を、点でうける在来工法に対して、
ツーバイフォーは、面でうけることができる。(大きな力を分散できる)

だから、地震に対しても強い。ということです。
くわしくは、こちら(click!!


外側に、板を貼っています。この板を。「構造用合板」といいます。
ベニアに似ていますが、全く別のものです。



中の間仕切り壁。構造計算のもと、必要な壁の量を算出しています。



ツーバイフォー工法は、木造でありながら、耐震性に優れた工法です。
それは、構造躯体をご覧いただけると、一目瞭然、イメージが変わります♪


ぽちっとクリック応援何卒よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 住まいブログ ハウスメーカー・ビルダー・工務店へ
にほんブログ村

ツーバイフォー工法は、頑丈で木造なのがうれしい。


先日、ツーバイフォー建築協会でも話しがありました。

地震保険は、大きく分けて 2パターン。
木造・RC造

ツーバイフォーは、木造の中にひとくくりにされていましたが、
阪神淡路大震災の際にも、ツーバイの建物がほとんど倒壊しなかったことから、

木造ツーバイフォー工法は、木造ひとくくりから飛び出して、RC造側として
みてもらえるということなのです。
(興味深い資料があるそうで、その資料が揃いしだいツーバイフォー協会のHPで掲載されるそうなので、要チェックですね♪)




ツーバイフォーが地震に強く火に強い 

地震保険 割安(地震に強い建物だから)
火災保険 割安(火災に強い建物だから)

こういったことでも、証明されています。



クリックも、よろしければ、ぽちっとお願いいたします。
にほんブログ村 住まいブログ ハウスメーカー・ビルダー・工務店へ
にほんブログ村



ひとあじ違う、小屋裏収納へ!

西金沢モデルハウスにて。

私がいつもお勧めしている、ツーバイフォーの小屋裏に
入ってみました。

大工さんが、

「おー、きたむらさんが通るとその入り口も、そんなに低くないみたいにみえるなー」
と写真をとって見せてくれました。

たしかに、私がくぐるときは、ちょっと頭を下げる程度で全然楽に入れます。
身長が、153cmで
小屋裏物置は、天井高さ140cmだから、

私との差は、13cmしかない。。。
そういえば、この14年間、小屋裏物置で、頭をぶつけたことがないかもしれない。。。


あらためて気がついた現場でのひとコマでした。


モデルハウスは、現在フロア貼りを行なっています♪
来週あたりには、そろそろエレベーターのおでましです。




ランキング応援クリックお願いします。
にほんブログ村 住まいブログ ハウスメーカー・ビルダー・工務店へ
にほんブログ村
ぽちっとお願いいたします。いつもランキングをみて、励みにしています♪



ツーバイフォーの小屋裏は、ちょっと違います♪

鶴ヶ丘のお家です。

喜多住宅販売とのコラボで、分譲住宅を建てさせていただいております。

ツーバイフォーだからできる、open小屋裏収納です!!

入り口は、こんな感じ。

小屋裏に入る入り口なので、少し小さめです。高さ1m20cmの扉です。

中は、なんと、フルOPEN!!

約4帖半の小屋裏収納部屋です。

在来工法の小屋裏収納には、
・90cm間隔で束
・梁
などが、あってそれを避けて荷物を置かなければなりません。
頭ゴチっとぶつけちゃったり・・・

ほんとに、小屋裏!!!っていう印象です。



でもツーバイフォー工法は、面構造だからこういったフルOPENの空間が
可能です。

小屋裏!!

というよりか、

部屋!!!

という感じの空間です。
窓をつければ、

★子供さんの遊び場
★書斎
★一人で、こもりたいときに逃げ込む部屋♪



など、お部屋としてお使いいただくこともできますね。
天井高さを1.4m以下におさえれば、床面積にカウントされませんので、

まさに、ボーナスルーム!!ですね!


ブログランキング応援クリックよろしくお願いいたします♪
にほんブログ村 住まいブログ ハウスメーカー・ビルダー・工務店へ

プロフィール

magocoro

Author:magocoro
継続は魅力なり
この言葉に支えられて

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
アクセス
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
以前の記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR