二重通気のひみつ



ソーラーサーキット工法というのは、正式には外断熱+二重通気工法といいます。

この外断熱というのは、前回までに簡単にふれさせていただきましたが、
そのあとにくっついている、二重通気というのがみそなんです。

絵にかいてあるように、建物の外周面には空気の流れる道が二つあります。
普通一般的に「通気工法」っていわれているものは、これが一つだけです。

じゃあなんでソーラーサーキットには、わざわざ二つも通気層があるかということになりますね。
北陸の夏は、高温多湿というだけあって、蒸し暑いですよね。
その蒸し暑さが家の中に入ってしまって、寝ぐるしい真夏日なんかは、ガンガン
エアコンをたいても、なかなか快適にはなりません。

そんな北陸の気候の悩みを解決すべく手段として、二重の通気層をつくりました。

(一層目の通気層の役割り)
床下に入った空気は、おてんとさまに照らされず、床下のコンクリートの
ひんやりとともに、壁の中を上昇して、小屋裏までつながっていきます。
そして、小屋裏にたまった熱気とともに、そとに排出されます。
換気扇をつかって、強制的に空気をひっぱりあげることで、壁の中・小屋裏の
熱気は家の外においやることができます。

(二層目の通気層の役割り)
外壁の仕上げ材の内側に設けます。煙突効果を利用していて、
熱い空気は上へあがります。
ゆっくり上昇していった熱気は、屋根のてっぺんから、自然と外へ流れ出ていきます。
一層目の通気層は、強制的に空気を動かすのに対して、こちらは自然に動くものだけ
ですのでゆっくーり熱を排出しているというような感じですね。
でも24時間常に解放状態です。

この一層目の通気層のことを、私たちはインナーサーキットと呼びます。
このインナーサーキットと断熱材が、ソーラーサーキットの一番大事な部分であると思っています。

夏場は、できるだけ家の中に熱気をとりこまない工夫が、大事です。
外側で、遮断するといったことが、原則になります。
効果的な方法としては、軒を深くだすことや、西側の窓にすだれをさげたりということが挙げられます。この方法は、今も昔も変わらないです。

ソーラーサーキット工法自体、昔からの、かやぶき屋根の家がベースとなった考え方です。
厚い茅に守られて、深く軒を出し、その下に空気がながれる。
あつーい真夏日など、しぜんと木陰に人があつまります。
木陰で、風がながれたら、すずしいと感じますよね。
それが、ソーラーサーキット工法の目指したところです。
私は、いつもソーラーサーキットのことを木陰・木陰と言っています。
すずしくしたいからといってエアコンガンガンたいて、キンキンに涼しい部屋よりは、
自然の力をかりて、風を感じて、ちょっと汗ばむくらいが、一番ここちいいと感じます。

そんな空間が、ソーラーサーキットでは実現できるのです。
空気の流れから、話がそれてしまいましたが、
どうして空気が流れることが、心地よい夏につながるのかという点を
もっと詳しくお伝えしていきたいところです。
光熱費にも大きく影響してきますから。

光熱費グラフなど、資料がたくさん会社にあるので、
興味ございましたら、お気軽に資料請求してくださいね。
質問も付けてくださったら、お返事もいっしょにさせていただきます。

資料請求・質問等、お気軽にお寄せください。
先日、HPをご覧のからからお問い合わせをいただきました。
やっぱりみなさまの疑問・興味をもたれているところは
ここなんだなーと、つくづく感じました。

しつこい営業はできないので、ごあんしんください。
もと現場監督なので、工法のことならいろいろお話できます。

また長文ですみません。
最後まで読んでくださりありがとうございます。






内断熱と外断熱のメリット・デメリット



今日は、内断熱・外断熱のメリット・デメリットをお話します。
【内断熱のメリット】…コストが安い、施工が容易

【内断熱のデメリット】…小屋裏に熱気がたまる、一般的な断熱材
(グラスウールなど)では熱が伝わりやすいため、外壁からの熱の進入を防ぎきれない。
柱・梁など、構造躯体には断熱材が巻かれていないので、熱が室内に
伝わりやすい。
熱が伝わりやすいということは、冬場外の冷気も室内に入りやすく、
各部屋での暖房が必要。
夏・冬とも、冷暖房費がかさむ。いつもいらいらしなきゃならない。。
            
【外断熱のメリット】…構造躯体の外側に断熱ラインがあるため、小屋裏に
熱気がたまりにくい。
断熱材(SCフォームという板状のもの)の性能が高いため、熱を通しにくい。
熱が家の中に入りにくいので、エアコンなどの光熱費が抑えられ
だんぜんお徳!!
冬は、家の中のわずかな暖房で、家全体があたたまり、その温まった熱が
外に逃げにくいから、快適にすごすことができる。安心が手にはいります。

【外断熱のデメリット】…内断熱に比べてコストが割高
ただの外断熱だけだったら、夏場一度家の中に入った熱気が、外に逃げにくい。

おおきなところでは、こういう感じになります。
内断熱は、断熱材だけでみればコストを抑えられているように勘違いしてしまいますが、
実際にはどうでしょうか。。
各部屋に、エアコン・暖房一台ずつつけて、真夏・真冬は、それがフル回転します。
空調設備機器と、そのランニングコストがかかってきます。

でも外断熱ではどうでしょう。工法としては、内断熱より割高ですが、
空調設備や、ランニングコストのことを考えると、ものすごく経済的です。
おまけに、快適さも手に入れることができ、少ないエネルギーで足りるということは、
地球環境にも優しい建物になっています。

ここで一つ新しい問題です。

ただの外断熱だけでは、快適なくらしを手に入れることはできません。
デメリットであげたように、熱を取り込んでしまうと、今度は外に逃げにくいのです。。。

このデメリットを解決している工法が、ソーラーサーキット工法なんです♪
冬暖かい家は、いがいと簡単につくれますが、
日本には、しっかりとした夏があります。この夏場対策を考えなければなりません。

次回は、通気についてご紹介します。ただの外断熱では、冬場は良くても、夏は困ります。
そこで、私たちの手がけているソーラーサーキット工法がどんな風に解決しているかを
より具体的にお話します。
空気の流れを利用した、単純明快な一工夫なんです。
知っておくだけで、絶対に損はしませんよ。
わたしは、ソーラーサーキットの話になると、本当に伝えたいことが山ほどあってしょうがありません。文章が長くなって、ごめんなさい。みなさま。でもそれくらいふかーいところまで考えられた工法なので、どうぞお付き合いくださいませ。

よろしくおねがいいたします♪








             

断熱のちがい♪



まず、住宅の断熱の仕方には、大きく分けて2種類あります。
内断熱というものと、外断熱というこの2種類です。

上の絵は、その2種類を比較したものです。
家の断面図になります。
上のほうが屋根で、一番下が基礎になります。

赤色で示してあるものが、断熱材にあたります。

A:内断熱…柱と柱の間に断熱材を充填します。
構造躯体の内側に断熱材をいれるので、「内断熱・うちだんねつ」と呼びます。
現状は、圧倒的にこの方法をされている住宅会社さんが多いです。

B:外断熱…柱と柱の外側に断熱材を貼ります。
構造躯体の外側に断熱するので「外断熱・そとだんねつ」と呼びます。
家を外側からすっぽり断熱材で覆うので、家の中の温度差が少なく保てます。
私共は、こちらの外断熱をご提案させていただいております。(絶対お勧めです)


上の絵の見所としては、内断熱は、床下・天井裏に断熱材を
いれているのに対して、外断熱は、基礎までも外側に断熱、
そして屋根も構造ラインにそって、屋根の勾配なりに、断熱を施工しています。

この断熱の仕方で、お家の耐久性・住みごこちが、まったくかわってきます。
次回は、外断熱の魅力を含めて、この断熱の仕方の違いによる、
メリット・デメリットをそれぞれご説明いたします。

文章がかたーい感じなので、図は手書きでかいてみました。
読まなくてもわかってもらえるように、かいてみるつもりなので、
文章が長くて読むのが面倒でしたら、絵だけでも今週みていってくださいね♪

絵手紙特集 第一弾のしめくくりは…



ダイナミックです!すっごい味がある絵だと思いませんか♪
社長がかきました。

人それぞれ、絵って違うと思いませんか?
性格が人それぞれ違うように、絵にもあらわれていることが
神秘的にさえ感じます。

私は、社長の絵手紙が大好きです。
大胆で、力強くて、線が太くて、がっしりしていて。

私が書くと、どうしても細いラインでちょこちょことした感じになってしまい、
いつも、社長みたいな大胆な絵をかければなあと、思うんです。

今週は5枚ご覧いただくことができました。

来週は、断熱・通気のお話をお届けいたします。
お楽しみに♪





シンプルが一番!



こんにちは。

今日の絵手紙は、今年2年目の営業の女の子の作品です。
先輩方のものとはまた雰囲気が違って、

素朴さ

を感じますね。

シンプルな絵ですが、女の子らしいですね。
言葉数は少なめですが、うちに秘めたものをもった、魅力的な女性です。

責任感が強く、最近では自分の意見もみんなに伝えられるようになりました。
このブログに関しても、新鮮な、新しい発想を私に提供してくれます。
カテゴリーのいくつかは、彼女のアイディアです。

いろんな体験をして、たくさん吸収して大きく成長してほしいなと思います。
最近は、うたれ強くなり、ちょっとやそっとじゃへこたれない力が身についてきました。

絵手紙もだんだん上手になっていっています。
心をこめて書いてるから、相手に伝わりますね。


今週は、絵手紙特集となりました。いかがでしたでしょうか。
明日、もう一枚どうしてもご覧いただきたい作品があるので、
楽しみにしていてください♪

来週は、おまちかねのソーラーサーキット工法について
触れてみたいと思います。
工法につきましては、みなさまからよくご質問をいただくことが多いです。
コメント・メールなんでもかまいませんので、お気軽にお問い合わせください。
私が具体的にお答えいたします!



すごく上手ですね


かえるさんと紫陽花です。
けろっけろっと鳴き声が聞こえてきそうです。
これを書いたのは,営業の男の子。
すごくこまかなところに気がつく,誠実なまっすぐな人です。絵心たっぷりで,
いつも感心しています。
描く題材を決めるのに一時間,書き上げるのに,さらに一時間といった感じで,
上手に描けたときはいつも 「みてみて-」と自慢するんです。
自慢するだけあって,キタホームの中で1番上手です。

彼の絵手紙のファンは多いんです。
お客様のお宅の玄関に飾ってもらってることが多く
(私も実際に飾られているのを見たことがあります♪)、
本人も、すこし照れながらもやっぱりうれしいみたいです。

この子も現場が好きで、しょっちゅう現場に行っています。
そういえば、今日も掃除をしてくれていました。

仮設トイレお掃除セットも、自分専用に準備しているんですよ。

おっやるな!
という感じです。

彼も、私と同じで、もともと現場監督をしていて、今は営業をしています。
ですので、現場の話をしだすと、いつも私たちは止まらなくなります。
「こうしたらどうだろう、こうしたほうがいいですよね、これってなんでこうなってるんですか」
などなど。

なぜ、なぜ

といつも一緒に議論しあっています。ハートの熱い男の子です!

絵にもそれが表れているように感じますね。

今週は、絵手紙の週でした!
来週はどんなテーマにしようかなーと今考えています。
もし、リクエストなどございましたら、
どしどしコメントやメールなどで教えてください。
よろしくお願いいたします♪

こころよりおまちしております。


今日は現場パトロールの日でした


私たちは、毎月第4木曜日に「現場パトロールの日」というものを行っています。

社員で手分けして、各現場をまわり掃除をしたり、道路を洗ったり、
ネットのヒモをきちんと結びなおしたりしています。
ご近所様にご迷惑をかけていないかどうか、全員でチェックします。

今日の金沢は、とてもあつく,まるで夏のようでした。
私は半そでのポロシャツで、走り回っていたので、汗だくです。

写真に写っているのは、社長です。作業服を来て一緒に現場を回ります。
私たちの会社は、お客様に対してはみんな平等です。だから社長だって、
ほうきをもって、お掃除です。

現場が全て!

よく社長が言う言葉です。
現場に行くと、大工さんから
「さっき社長も来てたよ」
といわれることが多いです。

う、私よりも先に現場に来ているなんて・・・
ちょっと悔しくなる一瞬です。

私たちは、社長はじめ社員全員が現場の状況を把握しているので
会社で現場のことを話していると、
「あーあそこのあれはいいのになってたね」
という感じで、話がはやいです♪


かたつむり…ですね?



6月ももうすぐですね。すでにカタツムリとは、季節の先取りって感じです。

かたつむりの殻の中に、言葉をかくというのも
なかなか思いつきませんね♪

これを書いたのは、うちの現場監督です。

見た目とはうらはらに、こんなかわいい絵を書くんだーと
心の中でふむふむっと思います。
実際、心の優しい純粋な子で、そんならしいところが
絵になってあらわれているーって感じます。

いつも、
「これを、お客様に送るの…」
と思ってしまうような、なんとも言えない独特な絵手紙を書いています。
それも個性だと思うので、あんまり口出しはしません。。(たまにいっちゃうこともあります)

でも書いている姿が、いつも一生懸命なので
きっとお客様にも思いは伝わりますよね!!

絵手紙をみてみたい方は、いつでもお声かけてください。
‘御礼状‘となって、あなたさまのお宅へ届きます♪





社員全員 絵手紙を書いています。



私たちは、毎月1枚、絵手紙を書いています。
ここに、ひとこと添えて、お送りしています。

商談中のお客様にお礼状としてお出ししたり
OBのお客様にお礼としてお出ししたり。

ときには、現場で助けてくれた職人さんにも
出させていただいたりしています。

お客様からも
「いつも絵手紙ありがとう。毎月楽しみにしています」
というお言葉もいただくと、はずかしいけど、うれしいです。

毎月「今月何書こうかな…」とみんな悩みながら、
一枚の絵を仕上げています。
不思議と、ひとそれぞれ性格がでるというかなんというか、
一枚一枚本当に特徴があって、みていて面白いです。

旨い下手いろいろありますが・・・心をこめて書いています。

今週は、他の社員のものもご紹介させていただきます。

ちなみに、上に貼り付けた、私のかいたものは、
藤森照信という建築家が設計した
「たんぽぽハウス」です。
家の屋根・外壁にタンポポが植えられていて、
春になったら、お花が咲きます。

わくわくしませんか♪

こんなふうに。


かわいいですね!
お客様のお宅にうかがった際に目が止まりました。

壁のニッチにお気に入りの雑貨が飾られていました。

私も雑貨大好きなので,雑貨やさん情報を交換させていただきました。
私の手書き地図(一生懸命書いたのですがかなり下手でした)で
おすすめ雑貨店を書いてお渡ししました。
気に入っていただけるとうれしいです。

新しいお家がだんだんいろどられていくのをみていると
あーいろいろ一緒に悩んで内装考えて、よかったーって思います。

ニッチの仕上げはケイソウ土を塗りこんであります。
素朴さが、雑貨ともぴったり合っていて、大正解でした。

内見会終了いたしました。


本日もたくさんのご来場いただき,ありがとうございました。
多くの方々に楽しんでいただくことができて,私たちもとてもうれしいです。

たくさんの方が家づくりのご計画にキタホームを入れてくださり(プランニングのご依頼)うれしい気持ちとでいっぱいです。 今回,お客様から,こんなことが知りたい〓っていうことをたくさんお聞きできましたので,その内容について,あたらしいイベントをまた企画します。今回お時間ご都合があわなくて来られなかったブログをごらんいただいてる皆様からも,こんなこと知りたい〓ということございましたらお気軽にコメント,もしくはメールにてお問い合わせください。必ずわたくし,お返事させていただきます〓

内見会が無事に行うことができたのは,貸して下さったお施主様,ご近所の皆様,ご来場いただけた皆様,ブログを開いてくださる皆様,キタホームの新聞をみていただけた皆様,お客様皆様のおかげです。本当にありがとうございました。

また次回新しい企画を考えております。こんなこと知りたい,というようなご要望ございましたら,是非教えてください。

お問い合わせなどメールでも受け付けしております♪わたくしからお返事させていただきます。お待ちしております♪

今日は大勢の方にご来場いただきました〓


今日はあいにくの雨の中,ホントに沢山の方にご来場いただき,ありがとうございました。 一番興味をもたれていたのが,やはりツーバイフォーについてでした。 「綺麗に仕上がってるのを見てもどの会社もいっしょ,あとから見えなくなる構造が一番大事なんです〓〓」とおっしゃられていました。私も同じ思いです。あと驚いたのが,「キタホームさんの基礎がすごく頑丈だってことはしってる。キタホームがどんな家作りをしているのか興味あった」と言われました。やっぱり,お客様はちゃんと見てくださってるんだなあと感じました。ホントにありがい気持ちになりました。

後日構造についてもう少し詳しくお話しましょということになりました。

ツーバイフォーは,箱の家という印象があるかもしれませんが,ここまで自由設計ができるんだ-,そう感じられたかたもものすごく多かったです。

明日は日曜日ですので,お仕事がおやすみ〓とか,もし少しお時間ございましたら,お気軽にお越しくださいませ。 一緒にお話できるの楽しみにしております。

いよいよ明日は、内見会です!


いよいよ明日は内見会です。

お越しいただいた方に、楽しかったーと思っていただけるように
いろいろ工夫しています♪

今日は、ほんの少しだけ、内見会での見所をご紹介します。
ブログでは小さな写真でしかお伝えできないので、
「見てみたいな・・・」
とちょこっとでもご興味をもたれた方は、是非遊びにいたしてください。

みどころ★point
☆太陽光パネル…当日は専門のスタッフがスタンバイしております。
            電気代がどれだけお徳になる?
            太陽光ってもと とれるの?
            いくらぐらいでできるの? 
          などなど、じゃんじゃんご質問を受け付けます。
          ※コントロールパネルでは、
            「今これだけ発電してる!!」
            「電力さんに、これだけの電気を売ってる!!」
           ということが、一目瞭然です。かわいい絵でかかれてるので
           見てるだけで、わくわく、どきどきです♪

☆ダンスホール…吹き抜け・鏡貼りの壁。。。本格的に練習できます。
           装備も、インテリアも、バッチリです。
           写真は、一番上に貼り付けたものです。
☆他には、・階段吹き抜けの大空間
       ・2Fリビング
       ・大容量のパントリー
       ・さらに大容量の小屋裏物置
       ・下足室
       ・3世帯で住まうための工夫・配慮
       ・駐車スペース4台確保
       ・無駄なスペースがない間取り
みどころいっぱいのおうちです。

お気軽に遊びに来てください♪
お待ちしております。 
会場はこちら!!



頑張ってます


今、あさっての内見会の準備に向けて、なにやら作っているようです。

模型?

「よし、あーでもこっちのほうがわかりやすいかな…」
などいいながら、ちょっと上のほうから模型を眺めてみたり
考え込んでみたりしています。

現場監督さんも、いらっしゃったお客様に伝えたいことが
あるんでしょうね、きっと。

頑張れ!!監督さん!!

「ブログに出ていた模型を見に来ました」

そう彼に話しかけてあげてもらえたら、
喜ぶと思います!

是非、当日会場に遊びにいらしてください。
彼が何か実験をしてくれますよ!!

会場はこちら♪
お待ちしてまーす!


今週末は、内見会です!!

今週末には、お施主様のご厚意で
完成内見会をさせていただけることになりました。

詳しくはこちらから


お施主様が、私たちにお住まいのご計画をご依頼いただいた理由は

●ツーバイフォー工法で、地震に強くて安心!!
●ソーラーサーキット工法との組み合わせで、梅雨のじめじめがない!!

この組み合わせができる、唯一の会社がキタホームだから。

涙涙・・・ありがとうございます。とてもうれしいです。
でも本当に、そうだなーって思います。

そんな素晴らしい家づくりのお仕事に自分が携わることができていて
幸せです。ツーバイ+ソーラーは、ほんとにいい建物なんですよ。

どんなところがすごいかというと…会社のみんなと話していると
一時間くらいあっという間に過ぎてしまいます♪

ツーバイフォー工法だからできる大空間

ツーバイフォー工法では、柱のない広々とした大空間をつくることができます。
また、軸組工法のように屋根を支えるための
複雑な小屋組みを必要としないため、
小屋裏(屋根裏)を収納スペースとして活用することができます。

写真は、天井が勾配天井になっています。面で構成されているので
軸組み工法にみられる、束などがないので、屋根の裏側まで
ぜーんぶをお部屋として使うことができます。

のびのびとした開放感を演出してくれる吹き抜け空間は
ツーバイフォー工法の得意技です。

これは子供部屋です。
部屋の隅から隅までかけっこしたり
ロフトに登って探検ごっこしたり、
想像力を豊かにするようなお部屋っていいですよね。

大人の私たちでさえも、夢が膨らみます。


なぜ、ツーバイフォー工法は地震に強い?

世界の中でも地震国といわれる日本の住宅にとっては、
耐震性を重要視する必要があると考えます。

数ある工法の中でも、
ツーバイフォー工法は、地震に対して、抜群の強さを発揮する工法と
いわれています。

【在来鉄骨軸組工法】

加えた力が柱や接合部などに集中。
部分的に負担がかかりやすい構造であることがわかります。

【ツーバイフォー工法】

床、壁、天井の6面が一体となった構造。
地震の揺れを各面で効率よく吸収し、負荷が一部分に集中することを防ぎます。

大きな力が加わったとしても、その力を分散する。これが
ツーバイフォーが地震に強い理由のひとつに
あげられます。

まだまだツーバイフォーの魅力がたくさんあります。
ご質問は、メールでも受け付けしています。

おきがるーに
どうぞ!!





建方 金物



ツーバイフォー工法というのは、で構成されています。

そして、床パネルや壁パネルの接続部分には、多くの金物を使用します。

写真のものは、床根太を受ける、根太受け金物というものです。
釘の本数でも強度が違うので、ぬけがないよう1本1本、全てチェックします。

それにしても、
ツーバイフォー工法は、在来工法や木質パネル工法などに比べて
使っている木材の量から違うなあというのが、この写真からも
おわかりいただけるのではないでしょうか。

ツーバーフォー工法が、いったいどう強いのか、他の工法と比べて
何が違うのか。

来週は、この内容についてご説明させていただきます。

ただいま着工中の物件の工事の流れは、
こちら↓↓
http://www.kitahome.co.jp/sc/lqsocf00000000we.html



外断熱


ソーラーサーキット工法は,断熱材を構造駆体の外側に施工する,外断熱になります。

建物を外側からすっぽり断熱で包み込むことで,夏は日射を遮り,冬は家の中のあたたかさを外に逃がしません。写真のように断熱材(白色の板状のもの)が,屋根の勾配なりに施工されますので,小屋裏もお部屋と同じ環境をつくることができます。

ソーラーサーキットだからできる大きな特徴です。

ほかにどんなすごい特徴,他の工法との違いなど,またご紹介させて
いただきます。
ご質問などの書き込みもお待ちしております!!

断熱の仕方は、工法選びの重要なポイントですので、いろいろ比較して
みることをお勧めいたします。

point
●断熱の仕方には、大きく分けて二種類ある



電気の球がかえられない…


お客様から,電気の球が切れたんだけど,変えられない…というお電話がありました。行ってみると,階段の真ん中あたりに照明器具。これは無理だと思いました。これは施工した私たちの責任です。窓枠によじ登り,無我夢中で,なんとか球替え完了しました。照明の位置を変える工事を検討させていただくことにしました。照明器具の取付位置は,球替えのことも考えているつもりでしたが,もっと気をつけなければならないと,また勉強になりました。申し訳ございません。

こういった経験されたかた、いらっしゃいませんか?
後からでも、照明の位置を変えることができる場合があります。
よりすごしやすいお住まいにしたいですね。

建物探訪2


これは寺井町にある浅蔵五十吉美術館です。周囲の環境に溶け込んでいます。繊細でしかも素朴な力強さをもった,建物です。九谷陶芸村を守ってくれているような,そんな存在感を感じました。

お休みなので


昨日の夜は、21世紀美術館に行ってきました。道路と敷地の高さに特徴があって,視線が広がります。夜はライトアップされてきれいでした。

水が・・・


OBのお客様から先日お電話をいただきました。
おうちの前の道路が陥没していて、家の下のほうから水が出てきているんです。。
とのことでした。
急いで見に行くと、陥没した道路は舗装で補修が終わっていて、
敷地の擁壁の下の方にあけてある、「水抜き穴」からちょろちょろちょろと
水が出てきていました。
幸い、水の量も時間とともに減ってきているとのことでした。
擁壁には、地中にしみ込んだ水を排水するための、水抜き穴が、一定間隔で
開けられています。
土もそれほど流れ出ているようすがなかったので、少しほっとしました。

翌日、道路工事の方が、処理をしにきてくださるとのことでしたので、
気休めかもしれませんが、とりあえず、私のタオルをその穴に入れて
少しでも土が流れ出てこないようにして帰ってきました。

どんなことでも、困ったことや気になることがあったときに、
お客様からお電話いただけることは、ありがたいです。

建方工事~床伏せ~

ツーバイフォー工法の建て方工事をご覧になられたことはございますでしょうか。

パネルを工場で作成し、現場にてレッカー車でそのパネルを吊り上げて、
現場で、一枚ずつ組み上げていきます。

写真は、床合板をはった状態です。

ツーバイフォー工法=面構造

力を、床・壁・屋根のそれぞれの面で分散します。

横からの力、上からの力、両方同時に加わるときの力などに、
この面構造は、力を発揮します。


わー強そう!頑丈そう!

ツーバイフォーってこんなんだったんだ!

ご近所でいつも現場をごらんいただいている方
散歩途中の方など、みなさまから、よくそんなお言葉を聞きます。

やっぱり家には柱がないと!!

そう思われるかたも、
ためしに一度ごらんになられてはいかがでしょうか♪

詳しくはこちら

明日、県外からお客様が来られます。

今日、県外からのお客様からお電話がありました。
プランニングに入ってから、ちょうど6ヶ月がたちました。
県外ともあって、FAX・メールでのやりとりをさせていただき、
明日、ほぼプランが固まります。

最高なプランになり、私もとっても気に入っています。

上の写真のような、木製の引き戸を再利用したり、
夏場には、現在お持ちの簾戸を入れたり、
季節によって使い分けをされます。

現在のお住まいは、築95年!!
全部こわしてしまうのではなく、
使えるものは、再利用できるような
ご提案をしていこうと思っています。
プロフィール

magocoro

Author:magocoro
継続は魅力なり
この言葉に支えられて

カレンダー
04 | 2007/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
アクセス
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
以前の記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR