借り入れの際の諸経費とは

借り入れの際に必要になってくる諸経費として、以下のようなものがあげられます。
●保証料
●火災保険料
●団体信用保険料
●ローン手数料

保証料…ローン契約者が返済できなくなった場合に、保証会社が本人に代わって残りのローンを支払うというものです。その代わりに利用者は「保証料」を支払うというしくみです。保証料は基本的に借入金額と借入期間によって決まります。
火災保険…どの融資でも、火災保険に強制加入となります。
●団体信用保険料…団体信用生命保険とは、加入している人が亡くなったり、高度障害状態になった場合に、保険金が支払われるタイプの保険。住宅ローンを組む人が団体信用生命保険に加入し、ローンの返済中に万が一亡くなった場合は、保険金が支払われて住宅ローンの残債はゼロになります。
●ローン手数料…民間ローンでは、1件当たり消費税込みで3万1500円という設定が多いです。金融機関それぞれに確認をしておく必要があります。

銀行のHPを開くと、ローンシュミレーションをすることができます。お借り入れ予定額と、返済期間を入力すると、自動的に計算してくれます。保証料・事務手数料なども、シュミレーションでわかるようになっています。


断熱材(SCフォーム)をカットするとき


断熱材は、建物の外側に施工していきます。窓がついているところや、屋根のタルキとの取り合いなど、断熱材をカットして、ぱこぱこはめ込んでいきます。


断熱材は、大工さんの持っている丸のこで、切断をします。そばにいると、木屑ではなく、断熱屑がふわーっと舞い上がります。大工さんは、外で寸法どりをし、小さなメモ紙に簡単な断熱材のカットする形の絵をかき、寸法をメモして、中に入り断熱材をシャーンとカット。約五枚ずつくぐらいをまとめて段取りして、外に運び出していました。



私たちも、お掃除などお手伝い。雨が降りそうだったので、すこしでも早く気密工事が進めることができたらいないと思いました。
今日、現場監督が「なぜ大工さんに、ここがかなめなんだぞ、と言われているのかが、よくわかった。」としみじみ言いました。それは、基礎の断熱材と壁の断熱材の取り合い部の、気密の処理部分についてです。「自分でやってみて、言われている意味がやっとわかった」そうぽつり独り言のように話していました。一つ、確信が一つ増えたようです。

★明日は、ローンの諸経費についてお話いたします!!

SCフォーム施工中です


今日、お昼頃から夕方にかけて、ずっと現場のほうに行っていました。
現場は、断熱工事中です。大工さんは毎回現場でこのSCフォームを貼っているわけですが、作業を手伝いながら、実際に施工している職人さんと話をしていると、はっと気がつくことが多いです。
今日、びっくりしたのは、S急便で気密テープ1巻のみ配達されてきたことです。なんでこんなことがおきたのでしょうか。たった一巻き。ほかの気密テープはすでに配達されていて揃っているのですが、なぜなぜか、一巻きだけ遅れて配達されました。
どこでどうなってそうなったのか、まだ判明していないのですが、単純に「配送費…もったいない」と思いました。大事な大事な気密テープ。搬入された時点で、注文どおりの数が配達されているかどうか、私たちが確認しておかなければなりません。

今日は、現場パトロールの日でした


今日は、とても暑い日でした。朝晩は涼しくなりましたが、日中はまだまだ暑いですね。
現場パトロールでは、ご近所の方にお会いすることが多く、「あらー暑いのにご苦労様ね」と声を掛けてくださいます。ご近所様あっての現場です。常に綺麗な状態を保つよう、心がけています。

固定資産税について

土地や建物を持っているとかかる税金です。
持っている間は毎年かかってくるというのが特徴です。毎年1月1日現在にその土地、建物の所有者として固定資産課税台帳に登録されている人に関係のあるものです。1月1日現時点での内容です。
税額は以下の算式で計算します。

税額=土地または家屋の価格(固定資産税評価額)*1.4%

住宅用土地の軽減措置
住宅の敷地用の土地には、軽減措置があります。
★土地の固定資産税評価額 軽減
・土地の面積が200㎡以下の部分…土地固定資産税評価額を1/6
・ 〃      200㎡を超える部分…     〃         1/3

として計算することができます。

これは、1月1日時点で、家屋が存在している場合に適用されます。住宅の新築工事で「年内引き渡し」ということから逆算して工程を組み、計画をたてることが多いのも、こういったところからも関係してくるということです。「2月に入居予定で、今工事着工してるんですが。」といっても、1月1日時点で完成して建物が完成していないと、非住宅用地として見られてしまいます。もう少し詳しくいうと、完成しているだけではだめで、固定資産課税台帳に登録をすませておかなければなりません。1月1日時点の登録内容が、反映されるからです。
ご入居が年内と年明けとでは、軽減措置を受けられるか否かですからね。大きいですよね。

新築住宅の減額制度
H20年3月31日までに新築された住宅について、要件をみたせば、3年間にわたって、固定資産税が、1/2に減額されます。
ただし、要件をみたしても、減額される範囲が定められております。

・床面積の120㎡以下…1/2
・〃     120㎡を超え280㎡以下…120㎡については1/2(120㎡を超える分は減額されません)

~新築住宅の税額計算の例~
★価格が、8,750,000円、床面積が125m2の2階

建住宅の本来の税額
固定資産税 8,750,000円×1.4/100=122,500円

●減額される額
固定資産税
{(8,750,000円×1.4/100)×(120m2/125m2)}×1/2=58,800円

●平成○年度の建物の税額
122,500円(本来の税額)ー58,800円(減額税額)=63,700円
という計算になります。

4年目から、「固定資産税額が倍近くにポンと上がった!」というお声を聞いたことがあります。それは上がったのではなく、減額措置の期間が終わり元の金額に戻ったということです。


※敷地面積・建物の床面積・ご入居日など、要件の数値に近い場合は、充分に検討が必要ですね。

家作りの際には構造現場をご覧ください


住宅展示場など、完成したお家をご覧になられる機会は多いのではないかと思います。先週末もいろいろな会場で内見会が行われていました。でも、構造の見学会をされているところは、いったいどれだけあるでしょう。仕上がりのデザインに各会社それぞれ特徴があるように、構造もそれぞれに特徴があり、見た目も大きく違います。「構造なんてどこも同じようなもの…」そう思われているかたも多いかと思います。
先日、構造案内をさせていただいたお客様も、「ツーバイフォーってこういう風になってるんだ」と驚かれていました。使っている木材の多さに一番驚いていらっしゃいました。これだけ木に囲まれていたら、強いっていうのもわかりますね。」と実物を見られてのご感想を聞かせてくださいました。
木をみると、さわってみたくなりませんか?手のひらで感触を確かめてみたいから、自然と手がのびていきますよね。さわると、ほっと安心します。木の香りに心が穏やかになる。家にいるのが心地よい。そんな家作りをご提案いたします。

★心地よかったのか、子供さんが抱っこされながら眠たい目をこすってました。風が通っていました。心地よさをご体感いただけて、よかったです!!

所得税の住宅ローン控除について

今日は、住宅ローン控除についてお話させていただきます。
住宅ローンを組んだ際に、返済期間を10年以上の場合、所定の手続きをとれば、その家に住むことになった年から、一定の期間にわたり所定の額が所得税から控除されます。
(控除を受けるための要件がありますので、ご確認ください)

控除される金額は、以下の数式で計算されます。

年末借入残高*控除率=ローン控除額

住宅ローン控除について、わかりやすくまとめられたものがございましたので
こちらをご覧くださいませ。

ご入居予定日が、年度をまたぐ、またがないで控除額に大きく関係していることがわかります。控除の限度額が、毎年下がっており、控除期間を15年に延ばした、新しいローン控除もあり、どちらを採用するかは、選択できるようになっています。
●借入額
●ご入居日(年ごとに年度額や、控除率に動きがある可能性がある)
●入居後10年間の年収
などを考慮して、従来の制度と新しい制度のどちらか選択をされるとよいと思います。

平成19年分以降の所得税において、住宅ローンの控除の適用がある方(平成11年~18年までにご入居された方に限る)のうち、所得税から住民税への税源移譲に伴って、所得税額が減少する結果、住宅ローン控除限度額が所得税額より大きくなり、控除しきれなくなった方に対しては、翌年度(平成20年~28年度まで)の住民税で、減額されます。
この制度を使うには、申請が必要です。申請書をネットで探してみましたが、発見できませんでした。お手数ですが各市町村役場のほうへ、お問い合わせくださいませ。



ほうきの枝が抜けてしまいました。


朝、外の掃除をしていたら、竹ほうきの枝が抜けてしまったそうです。既にガムテープでぐるぐる巻きにしてとりあえず止めている状態でした。
さっそく、現場監督の二人が工具箱をもってきて直しています。針金を閉めなおして、さらに抜けにくいように、なにやら、枝にした穴を開けなおしています。道具を大事にする気持ちは、大切ですよね。古くなっても、少しずつ少しずつ手をかけてあげれば、充分まだまだ使うことができます。だんだん手になじんできたりもします。愛着がわきます。


★来週も引き続き、税金についてお届けいたします!!

不動産取得税について

土地や住宅など不動産を取得したときに、その不動産の所在する都道府県が課する税金が「不動産取得税」です。

税金は、次の算式により計算されます。

税額=不動産の価格(固定資産税評価額)*4%
・ただし、住宅・住宅用土地に関しては軽減されて、税率は3%となります。
・不動産の価格というのは、請負契約金額ではなく、固定資産課税台帳に登録された額になります。

<宅地についての軽減>
土地の取得が平成21年3月31日までの間に行われた場合、不動産の価格(固定資産税評価額)の1/2相当の額とする特例措置があります。

例えば…土地の固定資産税評価額=1800万円の場合
①・税額=1800万*1/2*3%=27万円
という計算になります。
  
<住宅・住宅用地についての軽減>
●住宅においての固定資産税評価額の軽減額…床面積が50㎡以上240㎡以下のものについては、1200万円軽減されます。
●住宅用土地においての税額の軽減額
イ,45,000円
ロ,土地1㎡あたりの評価額*1/2*住宅の床面積の2倍(200㎡が限度)*3%
イ・ロのいずれか多いほうの金額が軽減額となります。


~一つ事例をあげてみます。上記の内容と照らし合わせながら、数式をご覧ください。~

神奈川県横浜市に住む、Aさんは、平成19年8月に新築の一戸建の住まいを5,400万円で購入しました。この一戸建て住宅に係る固定資産税評価額は、土地が1,800万円で建物は1,500万円です。また、建物の床面積は180㎡で、土地の面積は120㎡です。この場合、住宅および住宅用土地の軽減特例が適用されますが、不動産取得税の計算は以下のようになります。

建物 床面積:50㎡<180㎡<240㎡
    (1,500万円-1,200万円)*3% = 9万円
             軽減額
土地 
   ①1800万円*1/2*3% = 27万円
   ★軽減額は、イとロの大きい方。            
    イ,4万5千円 
                         (注)
    ロ,(1800万÷120㎡)*1/2*200㎡*3% = 45万円
      (注) 180㎡*2>200㎡  →200㎡が限度

    軽減額は、イ・ロの金額の大きいほうをとるので、
    軽減額=45万円

    27万円ー45万円   →税額はゼロ
         軽減額

軽減をうけるためには、手続きが必要です。こちらをご覧ください。

税金について

不動産を取得したときにかかる税金には、以下のようなものがございます。
●印紙税
●登録免許税
●不動産取得税
●所得税の住宅ローン控除
●贈与税
●相続税

不動産を持っているときにかかる税金には、以下のようなものがございます。
●固定資産税
●都市計画税

税金に関しては、まとめて全部書くとこんがらがってしまいますので、
ピックアップして分けてご説明させていきたいと思いますので、ご了承くださいませ。


地鎮祭費用について


地鎮祭は、地元の神社の宮司さんにお願いします。私たちは、神社庁に電話をかけて、現場の住所を伝え、その地域の神社さんを確認します。

費用は、3万~3万5千円が、だいたいの相場です。玉櫛料になります。お施主様にご準備いただくのは、この玉櫛料のみです。玉櫛料は白い封筒にいれてご準備をお願いしています。地鎮祭が終わりましたらその場で宮司さんにお渡しいただきます。
神社によっては、ほかに
●お水
を持ってくるように言われるところもございます。

私たちのほうで、準備させていただくことは
●テント
●竹
●縄
●お酒(二本くくり)
などがございます。

お供え物などは、全て宮司さんが持ってきてくださいます。
ただ、こちらも神社によって内容が違うこともございますので、前もって私どものほうで確認をさせていただいております。

費用に関しては、私はこの会社に入社して13年目ですが、玉櫛料は3万~3万5千円というのがほとんどでした。
★次回は、税金についてのお話です。不動産を取得した際にかかる税金には、どういったものがあるんだろう、軽減措置にはどういったものがあるんだろう。。などなどご紹介いたします!!

お引越し費用について

お引越しと聞くと、「大変だなー」というのが第一印象。
●荷物をダンボールに詰める。
●いるもの、いらないものの選別。
●いらないものの処分。


お引越しをする際には、前もって引越し業者さんに下見してもらい見積りをだしてもらいます。
★4人家族の場合の目安として
・今のお住まいから新居への引越し費用は約8万~10万ほどです。
・建て替えの場合は、仮住まいへのお引越し→仮住まいから新居へのお引越しの両方セットで約20万円ほどかかります。ただし、借り住まいから新居への荷物が少なくなる場合があるので、借り住まいから新居へのお引越しの際にあらためて下見してもらい、お見積りを出してもらいます。

この費用は、お引越し完了後当日に引越し業者さんへの支払いというのが一般的だそうです。(お恥ずかしい話ですが、私はそのことを最近になって知りました。)でも、引越し当日はあわただしいですし、現金を持ち歩くのも大変ですので、翌日の振込みという形での対応可能だそうです。このあたりは、見積りを出してもらったときにお打合せされるとよいと思います。

~お引越しの見積りの際にでてくる話~
①今のお住まいについているエアコンを、取り外して新居につけてほしい。
②仮住まいには、必要最低限のものだけにして、ほかの荷物をどこかで預かってもらうことはできないか。
③いらないものの処分をどうにかしたい。(家電・家具・本などなど)
というような内容をよくお聞きします。

費用としましては、
①のエアコンの脱着で、約3万円(室外機架台含む)
②に関しては、別途預かり代がかかりますが、引越屋さんで預かってもらうことができます。保険もきいて安心です。




一番皆さんがお困りになられるのが、③のいらないものの処分です。
粗大ごみの日に出すといっても、量が多いと大変です。市の戸別収集に予約して取りに来てもらうという方法もございますが、その場合処分したいものに、専用のシールを貼って、家の前に出しておかなければなりません。量が多いと出すのも大変ですし、ご近所の方に見られるのがちょっと恥ずかしかったりもします。
お引越しの時期になると、お施主様には、役所の手続きなどをお願いするため、お忙しくなり、とても処分のことまで手が回らないのが実際のところです。

『いらないものを、そのまま家の中に置いていく。それだけでOK』
という方法もございます。少し費用はかかりますが、手間・気持ち的なこと・それから体力的なことも考えると一番簡単な方法です。
家庭ごみを収集してくれる業者があります。家具、細かなガラスのコップ、お布団まで何でも収集してくれます。(家電製品は不可)この場合の費用は、各ご家庭によってごみの量が本当にまちまちなのですが、4畳半の部屋に私の身長ぐらいの高さまで詰め込んだとして約3~5万円ほどになるかと思います。

処分するのに思わぬ費用がかかります。この家の中にこんなにもいらないものがあったなんて・・・とみなさんおっしゃいます。想像以上の量があるということですね。

★次回は、地鎮祭費用についてお知らせいたします。諸経費のご紹介の最後には、それらの費用がいつの時点で必要になってくるのか、ローンでの対応はどの範囲まで可能なのかということなどをまとめてお伝えいたします。最後までお見逃しなく!!

火災保険について

住宅にかける火災保険についてです。
保険会社で取り扱われている火災保険にもさまざまな補償を目的としたものがあります。その中からどれを選択するかによって受けられる補償内容・金額が変わってきます。

住宅ローンを組まれる場合には、火災保険への加入が義務付けられています。火災保険に加入しておけば、火災などの災害によってお客様のお家が全焼してしまったとしても、さまざまな補償を受けることができます。また、火災保険を住宅ローンと一緒に組む
ことで、万が一お客様が住宅を失いローンの返済が困難になった場合でもローンが火災保険から優先的に支払われることとなります。

わたくしどもの、ツーバイフォー工法は火に強い構造のため、火災保険が通常の在来工法などに比べて、割安になります。
2006年年末に新聞に「国内の損保各社は火災保険を取り過ぎている」ということが掲載されていました。この時にツーバイフォー工法は火災保険料が割安になるということを初めてお知りになられたかたもいらっしゃるかもしれません。
わたくしどもは、省令準耐火構造である証明書をお客様にお渡しします。「これを保険会社さんに提出して、私の家は省令準耐火構造です、と必ず伝えてください。」とお願いしています。最近の傾向は、保険会社さんそれぞれに、証明書の書式があるようで、その用紙をお施主様からお預かりし、私どもが必要な箇所に記入・捺印してお渡しする。という形になってきています。省令準耐火構造の建物は、保険料が35年で約3割近く割安となります。加入する際には、「構造」という部分をどのような構造として見てあるかということを、確認が必要ですね。

★次回は、お引越し費用についてお話します。意外なことに思わぬ出費、あるんです。。ぜひご参考くださいませ。

登記について

土地や建物について、その所在、面積などと所有者の住所氏名、担保権の有無・内容などを、登記簿に記載する必要があります。
家を建てた時に行う登記には、主に以下のものがあります。
●建物表題登記
●所有権保存登記

「建物表題登記」
登記簿の表題部に建物の所在、構造や床面積、いつ建てられ誰が所有者か、などの情報を登録する手続きです。費用は、200㎡の建物で目安として、7~10万円程度です。建物の種類、大きさなど条件によって異なります。手続きは、土地家屋調査士さんに依頼します。
「所有権保存登記」
建物を新築した場合には、まず建物表示登記の申請をしますが、その登記が完了した後、その建物が自分の所有であることをあらわすための登記の手続きです。費用は、2階建て100㎡以上200㎡以下の建物で、目安として約10万円ほどです。こちらの手続きは、司法書士さんが行います。

登記には、このほかに建替のときにかかる「建物滅失登記」、借り入れをされた場合にかかる「抵当権設定登記」、土地を購入する際にかかる「所有権移転登記」などがあり、私たちは、お施主様一件一件に対して、そのお施主様が家を建てられる時に実際に必要となる登記は、どういったものがあるのか、それにはいくらぐらいかかるのか、ということを把握し、資金計画を組み立ててご説明させていただいております。

敬老の日。感謝の気持ちを込めて。


私は、建具屋さんと二人で、三件のお宅を担当させていただきました。
窓拭きが二件と、トイレ掃除が1件です。途中小雨がぱらつきましたが、一生懸命頑張りました。私は、腰が痛いのもわすれて、ひたすら磨いていました。窓ガラス一枚一枚、念入りに磨かせていただきました。

おじいちゃん、おばあちゃん、その娘さんなどから、「ありがとう、本当にこの窓掃除ができなくって・・・困っていた。ありがとう」と、とてもうれしいお言葉をいただきました。汗だくになっても、この一言で疲れなんて吹っ飛びました。

戻ってから、全員でお弁当をいただき、そのあと反省会を行いました。

反省会では、草むしり・窓拭き・トイレ掃除などそれぞれ担当したチームから何人かが、発表しました。気づいたこと、よかったこと、次回の改善案などなど。

今年で3年目となる、「敬老の日、暮らしのボランティア」は毎年バージョンアップしています。
また来年もよろしくね!そうお客様にいっていただけて、暑かったけどお役に立ててよかった!!そう思います。また来年もお楽しみに!!おつかれさまでした。

ボランティア出発です!


社員,業者さん,ほとんどの方が予定時間より30分早く集合しました。掃除道具をのせて,これからお客様のお宅へ伺います!

建物以外に必要になる諸費用について

家を建てる際には、建物に必要なお金のほかにいろいろな諸費用がかかります。家作りをご計画される際には、この諸費用のことを並行してしっかりおさえておかなければなりません。

諸費用のおもなもの
★登記費用
★火災保険
★お引越し費用
★地鎮祭費用
★土地・建物を取得した際にかかる税金
★借り入れの場合の諸費用
など。
上記の費用の金額を把握しながら、間取りや仕様、時期などを充分に検討する必要があります。

来週は、この諸費用についてご案内します。ほかに、「気になっていることがあるのですが…」というようなことや、素朴な疑問、大歓迎です。お気軽にメールやコメントをご利用ください!お返事させていただきます。すぐにお答えできないときは、調べてお返事させていただきます!

お客様の記念すべき日は、私にとって大切な日です。


以前キタホームで建てさせていただいたお客様からお電話がありました。きもの屋さんをされているのですが、奥様が会社を立ち上げられて今年で10周年になりました。ちょうど、4年目のときに、呉服店兼住宅を建てさせていただきました。そのときは私は現場監督で、大変お世話になり、今現在も、かわらずお付き合いさせていただいており感謝しています。
10周年記念には、お茶会や、お食事会、展示会と企画されていて、ご案内状をいただきました。中にある文章で、
「着物が好きで、周囲の反対にも耳をかさず無我夢中で走ってきた十年です」
とありました。いつも、好奇心旺盛、どんなことにも一直線な奥様のお姿から、私は学ぶことがとても多いです。



そんな大、大イベントになんと私に、太鼓の依頼をいただきました。お食事会のオープニングを盛り上げて欲しいとのことです。私は、小松市の打族という太鼓のグループに所属していて、よくこちらのお宅でもその話しをさせていただいていました。「いつか絶対に聞かせてね!」そういわれていたことがいよいよ本当になりました。10月14日が本番です。私もお施主様の10周年を記念して、精一杯頑張らせていただきます。喜んでくれるといいなあ、そう思います。

「うちをつくってくれたキタホームさんがあったから、今がある。みなさんのお陰です。」私もお客様が、無事10周年を迎えられることを自分のことのようにうれしく思います。お客様も私たちも、共に少しずつ大きくなっていけたらな、そう思います。

それぞれ社屋の掃除担当場所が決まっています。


私たちの一日は、社屋の掃除から始まります。
だいたい、7時30分くらいからそれぞれの担当場所に社員が現れはじめます。
そして、約三十分間決められたお部屋をお掃除です。

玄関は、会社の顔です。担当は代表です。私はショールームの担当なのでいつもタイミングが重なります。暮らしのボランティアでも、この日ごろの窓拭きがきっとお役に立てると思います。代表の窓拭きは、出際がよいです。

9/17(月)の敬老の日には、ボランティアを行います。


私たち、キタグループでは毎年敬老の日に、日ごろの感謝の気持ちを込めてボランティアの活動をさせていただいております。
65歳以上の方を対象に、窓拭きや草むしり、電球の交換などを社員全員と、業者さんとがチームを組んで、作業させていただきます。もちろん代表・社長、全員出動です。
現在の時点で、70組のご応募をいただいております。ありがとうございます。実際には、ご本人様からというものと、息子様、娘様が、ご両親のお家をというご応募も中にはございました。
今、私たちは当日にむけて、段取り良く、スムーズに作業をすすめられるように、現地の下見にうかがったり、人数配分、連絡網の確認などの準備を行っております。

★下見にうかがいました。大きな窓がありました!これをおじいちゃん一人で窓ふきするのは大変だなあと思いました。私たちに、おまかせください!

おじいちゃんには、「あんたら、窓拭いたあとに、「家建て替えしませんか?ってくるんじゃないやろうね・・・・」といわれてしまいました。ご安心ください。そんなつもり全くないんですよ。ただ、磨く。一生懸命磨く。それだけです。もちろん、これが何かのご縁につながればうれしいなあとも思いますが、押し売り一切いたしませんので、ご安心ください!


毎年、皆様に「ありがとう!!きれいになった!!」そうお言葉をいただけるのが、なによりうれしいです。今年もみんなでお掃除に回らせていただきます。当日の様子を、17日(月)敬老の日のブログにてご報告させていただきます。

チームマイナス6%ってご存知ですか?

京都議定書で定めた、温室効果ガス排出量6%の削減というのが日本の目標。
日本は2008年から2012年の間に温室効果ガスの排出量を1990年にくらべて6%削減することが目標として義務付けられました。
温室効果ガス排出量6%の削減。これを実現するための国民的プロジェクト、それがチーム・マイナス6%です。

家作りを考えるときにも、このことを少し意識してみると、今までと少し違った新しい価値観と出会うことができるかもしれません。省エネルギー・耐久性などの言葉が氾濫するなかで、いったい本当の省エネルギーとはどういったことなんだろう。夏場エアコン一台で家が涼しくすごせるという家を建てることは、きっと地球を守ることにもつながるし、一件一件が集まれば、大きな力となって、無駄に排出しているエネルギーを抑えられるようになるんだと、そう思います。
私たちは、自然と共に生活しています。自然に癒されることも多いですよね。その自然を守るのも私たちの役目ですね。

★追伸
この写真は、私が岡山県に行ったときに歩いていて、何気なく見つけたお家です。ソーラーサーキット工法の原点の匂いがしたので、思わずパチリ、撮っていました。
棟の部分に、ちゃんと熱気を排出する工夫がされていますね!

社員の家でバーベキューをしました!!

いつもお仕事一生懸命の私たちは、遊ぶことに関しても全力投球です!!
夏はバーベキューをしなかったので、ちょっと秋にさしかかっていましたが、毎年恒例の私たちの夏の行事のバーベキューをしました!!今回は、上司の自宅のウッドデッキで開催しました。


近所のスーパーでお肉を調達。チャンスという酒屋さんで飲み物を購入。カーマへいって炭を買いました。私は家から、クーラーボックスとうちわ、敷物、花火セット、軍手、ゴミ袋、タオルを数枚持っていきました。

お肉の量も飲み物の量も丁度いい感じでした。キムチがあったので、豚キムチをつくりました。これがとってもおいしかったです。最後にこの豚キムチをつかって、やきそばもつくりました。

みんなで協力しあって、楽しいバーベキューとなりました。日ごろ意見がぶつかり合うことも多い私たちですが、遊ぶときは上司部下関係なく、楽しんでいます。

先日の地鎮祭風景です


限られた敷地の三階建てのお家がいよいよこれから、はじまります。
地鎮祭には、お施主様、ご親戚の方々、そしてご近所の方もお集まりくださり、私たちも含めて合計19人が集まりました。町中のみなさまの人情味あるあたたかさに触れることができました。
お施主様のお人柄もうかがえますね!!応援してくださる方が多い中、私たちも責任持って、ご近所の方にもできる限りご迷惑にならないように、工事を進行させていただきます。

除草剤の成果です


お客様が,建築予定の敷地に除草剤を巻かれたそうです。草がだいぶ延びてきたことが気になられたそうです。一週間たちましたので,除草剤の効果を確認に行ってきました。見事に草は枯れていました!空き地の状態で放置しておくと,ゴミを捨てられたりして荒れてしまいますので,こまめに点検,お手入れをすることで、ご近所の方にもご迷惑をかけないという配慮につながります。

ショールームも、衣替えです。

私たちの会社の1階にあるショールーム「プルミエ」も、秋バージョンに衣替えです。9月に入り、ずいぶん秋らしくなってきましたね。「プルミエ」では、季節に応じて展示している小物たちも入れ替えをしています。たくさんある雑貨の中から、一つ一つ吟味して選んで飾りつけしていきます。


飾るといっても、ただ並べるのではなく、「プルミエ」におこしいただいたお客様が、プルミエに入られた瞬間に「わー素敵!!こういう感じなら私もできそう!!」そう思っていただけるように、工夫しています。是非一度、そんな「秋のプルミエ」に遊びに来てください!!お待ちしてます!

火災警報器の商品説明をしてくださいました。


今日、松下電工さんの担当の方が、火災警報器の説明をしにきてくださいました。実際の商品と、それに連動させたテレビフォンもいっしょに持ってこられました。

火災警報器を取り付けなければならない部屋
●寝室(普段の就寝に使われる部屋)
●階段(2階建て、3階建て、寝室のある階数などで、それぞれ規定があります)
※市町村によっては、台所に、熱感知器が必要な地域がございます。
住宅火災での犠牲者は、6割以上が逃げ遅れ。なおかつ気づきにくい深夜の火災に集中しています。いち早く火災を認知するために、寝室は必須となっています。

松下電工さんの商品は、警報音と音声で火災を知らせてくれます。
連動式の火災警報器をつけていた場合、火災を最初に感知した警報機は、
「ビュービュー火事です火事です」といい、他の部屋についている火災警報器は
「ほかの部屋が火事です」といいます。

わたしは、緊急事態にそんな言葉を聞き分けられますかね、と質問したところ、
「最近では、家の中にピーピーというような音がするものが多く、寝てるときにピーピーなったときに、とっさに火災警報器の音だと判断できない可能性があるため、音声でも通知します。」
とのお答えでした。実際に警報音を聞くと、かなり大きかったです。ほかの音と勘違いするかなあと疑問に思いましたが、たしかに寝ぼけていたりしたら、「なんだなんだ」とあたふたして判断できるまでに時間がかかるかもしれませんね。瞬時に判断できるようにという意味ですね。


★気になっていたことが判明しました

火災警報器には、必ずヒモがぶら下がっています。見た目には大変邪魔だなあと感じているのですが。。このヒモは警報音が鳴ったときに停止させてり、正常に動くかどうかの点検のために必要なものです。火災警報器本体にも、押しボタンがついていて、それを押すことで同じ作業ができます。ただ、天井面に取付ることがほとんどなので、やはりヒモのほうが実用的なのでしょうか。


その気になるヒモが、どんな風についているのか、取り外してみてみました。てっきりどこか穴に通してあって、から結びされているものと思っていたのですが、意外なことに、簡単に取り外せる加工がしてありました。すぐ取り外せるための、パチっと挟み込んであるだけという簡単な取り付け方になっていました。なぜ、このようになっていないといけないんだろう。。。そういうふうにしないといけない必要性はなんだろうと疑問に思い、質問してみました。期待していた答えと少し違っていたので、パンフレットを後からじっくり読んでみました。
結論は、安全のためということでした。「引きヒモは、強く引くと外れる構造になっています。」と書かれていました。たしかに高いところに、中途半端な長さの紐があると、引っかかったりして危ないことがあるかもしれませんからね。勉強になりました。

お客様からいただいたもの


先日、お施主様のお引越しのお手伝いにうかがいました。その際に、いるものいらないものを聞いて分別していたら、こんな素敵なものがでてきました。「それ、いらないから捨てて」そういわれたのを聴いた瞬間、「私、いただいてもいいですか!!」と言っていました。
とても素敵ですよね。銅製みたいです。お施主様も、「もらってくれるなら、持っていって!そのほうがうれしい」そうおっしゃってくださいました。
私の家で、またデビューしています!大事に受け継いでいきます!ありがとうございます。

新しいお家をつくるのが、私たちの仕事ではありますが、それまでの古いお家で長年眠っていたものが、また新しい形でお披露目されることができるのであれば、それもうれしいです。よかったなあって思います。残せてよかった。ようこそ!出てきてくれてありがとうってなでてあげたいです。

グループ会社 喜多ハウジングの 加賀支店がOPENしました

9/1に喜多ハウジングの加賀支店がOPENしました。中に入ると、キッチンやお風呂が設置されています。大きな無垢の板のテーブルがとても存在感がありました。営業所という雰囲気ではなく、小さな喫茶店といった感じで、お客様に気軽に入っていただけるような、そんな印象を受けました!



おトイレ前の手洗いコーナーです。カウンターは、ダントーのモザイクタイルを使用。職人さんに教わりながら、社員みんなで貼った手作りの作品です。やわらかい、優しい雰囲気がとても良かったです。照明器具の光が、珪藻土の壁にうつっています。星みたいな影が面白いですよね。オーデリックというメーカーの商品です。



以前、シャルドネさんで見つけたチェッカーガラスを発見しました。こちらは、外国から取り寄せしたのだそうです。珪藻土にモザイクタイルがランダムに埋め込まれています。これもコーディネーターが、自分で埋め込んだのだそうです。職人さんに、珪藻土の乾き具合を確認しながら、「よし、今だー」という感じで、張り付けたんです、と楽しそうに話していました。とってもいい感じに仕上がっています。素朴な感じでかわいいです。



座りごこちがいい!と思いました。なんでもひっくり返してみるのが好きなので、座布団をよく見ると、soft・hard と書いてありました。「お好みでお好きな方をお使いください」ということなんですね。座布団一つでも、座る人のことを考えてつくられているんだなーとすごいなーと思いました。家づくりも同じですね。住まわれる方が、より住みやすく、心地よいと感じていただけるためのことを考えて、お客様が選びやすい、判断しやすいように、家づくりのポイントなどをお伝えしていきたいと、この座布団を見て思いました。

ドライブの途中にいかがですか?


内川のほうから鶴来のほうへ抜ける山道の途中に、こんなにすてきな看板を見つけました。緑の中でひときわ目立つ、この愛想もなーいけれどもわかりやすーい看板に惹かれて入ってみることにしました。

お店の名前は「熊じろう」。しなんたろうといい、最近はこの○○ろうに縁があるようです。中に入って、コーヒーをいただきました。お店の中には、熊料理のメニューがいろいろ書いてあって、この山奥にいったい誰が食べに来るんだろう・・と思いながらも、自分たちもそのうちのひとりになっているのかなと思いました。とっても静かなところで、コーヒーもとってもおいしかったです。だれもいないからなおさらゆっくりできました。今日のお客様は私達だけなんだろうか・・・とお店の人を心配しつつも山の中にふわっと香るコーヒーの香りに、誘われる人はきっと多いんだろうなと思いました。

私がここにきて感じたことは、普段の生活から、たまに自然の割合の方が圧倒的に大きいところに自分が置かれると、大きなものに包まれた感じがします。自然には逆らっちゃいけない。そんな気持ちがまた湧きあがって、自分の気持ちを確かめられます。家づくりというお仕事をさせていただいているうえでも、その気持ちは大事に持ちながら、いろんな工夫やアイディアを考えていきたいと思っています。

今日はターミメッシュ施工を行いました


今日も私は現場です。ターミメッシュはだいたい4~5人で行います。配管周りを施工するひとと外周部のメッシュを貼るひとと,二手に別れて作業を開始します。メッシュをはりおえると,1番大事な下端部のみ集中的にターミパージを塗り込みます。今日は心配した雨も降ることなく,すばらしいお天気に恵まれました。お客様が,デジカメとビデオを持っていらしたので,「次はこのピンを打ちます。これはこういう役目を果たしてくれます」とポーズとりながらご説明させていただきました。
プロフィール

magocoro

Author:magocoro
継続は魅力なり
この言葉に支えられて

カレンダー
08 | 2007/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
アクセス
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
以前の記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR