SCの家 温湿度測定記録 冬場の室内の湿度!

グラフをクリックすると、大きく見やすくなります。

いよいよ、室内の湿度です。今日加わったグラフは、
マークであらわされている、1Fの湿度のデーター

です。このグラフからわかることは、

●外の湿度の変化に比べ、室内は安定した状態を保っている
(外の湿度データーは、一番上の折れ線です。)

ということです。温度・湿度とも外気の変化に左右されること無く、一定した数値を出しています。

湿度は、42%~47%の範囲内で動いています。若干乾燥気味ではありますが、乾燥が気になるときには、補助的に加湿器をたいたり、お風呂からあがったあと、お風呂の戸を少しあけておくなど、水分を少し補給してあげることで、湿度の調整が可能です。

この時期は、洗濯物を干す際には、除湿機をガンガンにたいたとしても、なかなかカラッと乾きませんが、SCの家にお住まいのお施主様からは、「一晩でお洗濯物がだいたい乾きます!!それが本当に今までなかったことだからうれしい!」というお話を、とってもよくお聞きします。

SCの家では、湿度の調整が自在である。

これも大きなメリットの一つにあげられます!
ただ乾燥しすぎは良くないので、室内には湿度計を置いて、いつもチェックしておくことをお勧めしています。

今後、SCの家ではない家のデーターも測定し、どのくらい違いがあるのかも、じっくり検証したいと思います。
今回のグラフをご覧になられて、たくさんのご意見をいただきました。ありがとうございます。
皆様からいただいたご意見を参考にさせていただき、今後のデーター測定に繋げてまいります。引き続き、ご覧くださいませ♪

キタホーム専属の大工さんです。

キタホーム創立から、お世話になっている大工さんです。
私は、入社した当時から今まで本当にいろんなことを教わっております。

この大工さんのモットーは、
「同じことをやらない」
つまり、同じ作業内容であったとしても、必ず自分の中で改善をし続けるということです。
実際に、外断熱の断熱材を貼る作業にしても、手順や段取りが毎回ステップアップしており、仕上がりも、スピードもさらにパワーアップします。

一番感謝しているのは、現場にお施主様がいらした時に、仕事の途中であっても、必ず手を止めて、お客様とお話をしてくださいます。

「せっかく建てるんだから、わたしもお客様といろいろお話をしながら、どんな風にしたら喜んでいただけるかなーと考えて、仕事をしています。」

とにこにこお話されます。現場もいつもピッカピカです。現場がきれいだと、何事も順調に進みます。逆に現場があまりきれいじゃないと、ものを探すのに時間がかかったり、作業している自分の体に埃がついて、それが空気中に舞ったりして、印象がさつばつとしてきます。

是非、ご近所でキタホームの工事現場を見かけたら、お気軽に中をご覧ください!!
他の大工さんもみな、気さくな方ばかりです。家に関するご質問など、営業マンに聞くのはいやだという方は、現場にぜひお立ち寄りください。大工さんの生の意見を聞くことは、家づくりにおいて、営業担当者では、気がつかないことまで教えてくれるかもしれません♪

きっとお役にたてることと思います。

SCの家 温湿度測定記録 (外部湿度)

グラフをクリックしていただくと、拡大したものをご覧いただきます!


SCの家 温湿度測定記録に、外気の湿度のデーターを加えてみました。

冬場は、気温が低くなり、湿度も下がります。

一ヶ月通してみてみると、外気温に比べて、湿度の変化は大きいですね。グラフが”カクカク”していますね。
雨や雪・みぞれが降ると湿度も上がります。天気が良くて、気温がすごく低いときなどは、湿度は、ぐんと下がります。

この外気の湿度変化に対して、室内はどういったすばらしい状態になっているのでしょうか。
次回は、1F.2Fの室内の湿度変化をのせて、検証してみましょう♪

★2/10(日)住みごこち生の声イベントお申し込み受付中!★
質問!!SCの家を選んだ決め手は何?

代表の喜多が記事として

写真をクリックすると、大きくご覧いただけます。

今朝の、北国新聞に、代表の喜多が

「経済人 ひとりごと」

の記事におじゃましております。

グループ会社の喜多ハウジング㈱が、全国リフォームコンクールで23回目の入賞を果たし、取材を受けました。

私どもは、お客様・職人さん・会社 この三者の喜びがそろって、本当のお客様満足につながると考えています。

職人さんに現場で親切にしてもらったときは、代表にお礼状を書いてもらっています。後日、その職人さんにお会いすると、

「代表さんから、お手紙きたよ!びっくりしたよ!」
とうれしそうに話をしてくれます。

私たちは、このお礼の絵手紙をずっとつづけています。

私どものキタホーム社長の東出は、お客様にお出しした手書きの絵手紙の枚数も膨大です。
東出は先日お客様から
「東出さんの絵手紙、綴ってありま♪。その中でも勇気付けられる絵手紙を44枚手元に保管していつも見ているんですよ!」
そういわれたそうです。それを聞いて、東出もびっくりしたと申していました。そんなに書いていたんだーと。

続けることは、とても大事。
私は、いつもそう教わって、お仕事させていただいております。

北陸の冬の玄関の強い味方!


最近、OBのお客様宅へ訪問すると、玄関ポーチに「むしろ」を敷かれてるお宅が多く見かけます。
雪ですべらないように,配慮されていらっしゃるのを感じます。

実際この上をあるくと,全く滑らず,多少勾配がきつくても安心して一歩を踏み出すことができます。

むかーしからあるものではありますが,すたれていくこともなく,今でもかわらずにたくさんの方が使われているものっていうのは,これからも愛され続けるんだなーと思います。

機能的・手軽さ・片付けやすさでは、右に出るものはない!!

そんな気がします。

それから、
住まわれている方の
お客様をおもてなしする気持ち
も、この「むしろ」をみると感じます。

食器洗い乾燥機の調子がおかしい。。。

先日、お客様から
「食器洗い乾燥機が壊れたみたい。。。」
とのご連絡がありました。早速メーカーの修理の方に見に来ていただきました。


まずは、症状をお伝えします。どういった症状がでるのかということをお伝えすることで、原因の予測ができます。お施主様のほうからメーカーさんに症状を前もってお話いただいており、メーカーさんはいくつかの部品を準備していらっしゃいました。

メーカーさんは、最初に、
①食器洗い乾燥機の引き出しを閉める
  ↓
②ロックをかける
という動作を確かめられました。そのロックをかける時に、とってもゆっくり、耳をすましながらロックがかかる瞬間の音を確認します。

ロックがかかる瞬間、カチッ カチッ と二回小さな音がします。本当によく耳をすまして聞かないと聞こえないくらいの小さな音でした。
でも、今回はその音が、カチッの1回しかなりませんでした。

どうも、引き出しが閉まると同時につながる配線が、二本のうち、一本が反応していないことが原因とのことです。


早速分解。原因となっている部品を取り出します。
接続弁のような機能を果たすはずの黒色の樹脂の部材が、割れていました。
私の右手に持っているものが、割れて外れてしまっていた部品です。


ナショナルさんのメンテナンスの方は、なぜ、これが割れていると、正常に食器洗乾燥機が運転しなくなるのかを、細かく説明してくださいました。私が、いろいろ質問したからかもしれませんが。。。

試運転を行い、無事正常に動くようになりました。
今回の故障は、お客様の使い方のいい悪いは、全く関係のないとのことでした。
使い方が関係ないところで、壊れてしまうというのも、ちょっと問題だなと思いました。

毎日使うものですので、すぐに動くようになってよかったです。ご迷惑をおかけしました。食器洗い乾燥機は、奥様の強い味方ですので、本当に直ってよかったです。

SCの家 室内の温度測定記録!!


SCの家 温湿度測定記録です。
先日のグラフに、1F・2Fの温度変化のデーターを加えてみました。
考察を書く前に、ブログをご覧頂いた方から
「条件を知りたい」
とのご意見をいただきましたので、概要を載せさせていただきます。

建物 延べ床面積(車庫を除く)…56坪
暖房器具…蓄熱暖房器(1F 3kタイプ…1台・7kタイプ…1台)(2F 7kタイプ…1台)
暖房器具設定…設定温度24℃(タイマー設定①5:30~8時・②15:00~23:00)
※タイマー設定というのは、設定した時間は、ファンが稼動するなど、設定温度24℃になるために蓄熱暖房機が作動します。設定時間以外は、設定温度を低くし、無駄に放熱しないように、制御できるような機能です。

グラフをクリックしていただくと、大きくなり見やすくなります!

このグラフから

●外部の気温の変化に対して、室内は、安定した快適な温度を保っている

ということが、わかりますね。
12/13 外気12.3℃(12月の最高気温)に対して 
1F居室は24.2℃、2F居室は22.4℃です。

12/31 外気2.7℃(12月の最低気温)に対して
1F居室は23.6℃、2F居室は21.2℃です。

12月中の10℃近い気温の差があるなかでも、室内の温度はほとんど変動していません。外気の影響をほとんど受けてないという感じです。
断熱の性能(外断熱)、床下の地熱の効果などがうかがえます。

●2Fの気温のほうが、1Fよりも低くなっている
というのは、二階の蓄熱暖房器は、まだ稼動させていないためです。
1Fからの熱源だけで、二階全体も暖めており、約20℃程度を保てていることがわかります。
玄関とリビングに吹き抜けを設けてあり、暖気が家全体にまわりやすく、吹き抜けが効果的であることを、グラフからも読み取ることができます。

だんだん、興味深い内容になってきました。
SCの家 冬の湿度データーも、これからご紹介させていただきます。お楽しみに♪

照明のセミナーに行きました

先日、松下電工さんのショールームにて開催された
「LIGHTING SEMINAR」
に参加させていただきました。

最近の照明は、部分照明といってダウンライトやブラケット照明を組み合わせて、室内の照明計画をすることが多くなりました。天井に直付シーリングを一台つけて全体を照らすのではなく、照らしたいところを照らす。そういうふうな照明の組合せをすることが多くなりました。

ダウンライトを

壁に近づけることで、空間が明るさを増しています。やわらかい間接光となっています。


壁付けのブラケット照明。配光が下向きにセットしています。スポット的な部分照明の役目を果たしてくれます。


同じ器具を上下さかさまにしました。配光が上を向いています。壁から天井面を照らすことで、空間が明るくなりました。二枚とも、この壁付けの照明器具一台のみしか、電気はつけていません。

こういったように、同じワット数の電球なのに、
●向き
●壁からの距離
をかえただけで、お部屋の明るさが全然かわってきます。

どういった雰囲気をつくりたいのか、そのお部屋でどんなことをするのか、
そういったライフスタイルを、設計士さんや、コーディネーターさんに伝えておくことも
とても大切になります。

SCの家 温湿度測定記録をとりました!!

これから、ソーラーサーキット工法の住み心地を実際に温度湿度の数値にて、いっしょにご覧いただけたらと思います。2007年12月の最新のデーターで検証していきましょう!

今後、SCの家築1年、3年、10年、内断熱などのデータもとって、比較していきたいと思っています。

現在、9月に完成したSCの家のお客様のご協力のもと、データーどりをさせていただいております。
おんどとりという測定器を、
●外部
●床下
●1F居室
●2F居室
●小屋裏
に設置。
この測定器では、温度湿度を記録することができます。

これらの数値から、どういったことが見えてくるのか、楽しみですね。
下のグラフをクリックすると、はっきりみえます♪

このグラフは、12月の1ヶ月間の外気の温度変化を表しています。
12月の最高温度…12.3℃(12/13)
〃   最低温度…2.7℃(12/31)
という結果です。平均して10℃を少し下回るような気温でした。

★この外気の温度に対してSCの家の室内の温熱環境はどのような変化をあらわしているのでしょうか♪

ニッチの使い方


ニッチ というと、小さな壁のへこみをつくってものを飾るっというイメージがありますが、収納としてもニッチは大活躍します。

写真のように、少し大きめのサイズで壁をへこませて、雑誌など(たとえばレシピ本など)をしまうのに使うことができます。
手前に倒れてこないように、ステンパイプが取り付けられていますね♪

他に、新聞や郵便物など、すぐ手の届くところに置いておきたい、でもばらばらっと置いておくのはいや!そういう性質のものを片つけておくのに、このニッチを見せる収納として、活用されてはいかがでしょうか。細かいものが揃えて片付けられるので、いつもリビングはすっきりです!!

住み心地生の声を聞こう!!

ブログ企画第2弾!!
「住みごこち生の声」イベントの開催日程が決まりました。

●日時:2月10日(日)午前の部10:00~12:00
             午後の部14:00~16:00
●場所:キタホーム1Fショールーム「プルミエ」
●定員:午前2組・午後2組
※誠に勝手ながら、ご予約制とさせていただきます。私共の接客応対が、お越しくださった方々に失礼の無いようにさせていただきたいという思いです。すみません。


これは、実際にすまわれているお家にお伺いして住み心地をお聞きした際の写真です。いらっしゃったお客様や、来られなかったお客様に、
「住んでる人の家に行くのは、ちょっと気が引けます。。。」
というお声をお聞きしました。

そこで今回は、会社の方にお施主様にお越しいただいて、お話をうかがう形をとらせていただきます。

お申し込み締め切り…2/3(日)
お申し込みは、キタホームHPのお問合せフォームで、その他欄「住み心地生の声 午前(午後)参加希望」とご記入の上、送信くださいませ!後日私のほうからご案内を送らせていただきます。

1/28(月)より当社HPでもイベント案内として登場します。ブログをご覧の方に特別に先にお知らせさせていただきました♪

きれいな現場を心がけています。



ツーバイフォー工法では、壁・天井の下地に石膏ボード厚12.5mmのものを使用します。この石膏ボードを壁のサイズに合せて、大工さんがカットして、壁に施工していくのですが、この切るという作業をするときに、石膏ボードの細かい粉がどうしてもでてきます。

床を養生するのに、養生シートを貼っているのですが、石膏ボードの粉が落ちるとほうきで掃いても、養生シートの表面にくっついて、なかなか綺麗になりません。せっかく掃除をしても取りきれないっていうことほど、嫌なことはありません。。。

そこで私たちの現場では、プラスターボードを切るときは、その作業スペースにブルーシートを敷いています。もちろん、切る機械には集塵機付のものを使っていますが、それでも吸い取りきれないものをシートで受けて、後で掃除機をかけます。

カナリア通信

これは、私たちが入っている、NPO法人健康住宅普及協会 が発行している冊子「カナリア通信」です。

NPO法人健康住宅普及協会とは
「人が安全で快適に暮らせそして耐久性の高い器」
それが健康住宅だと考え、その研究と普及のため活動している組織団体です。

●住空間の安全性
●躯体の安全性・耐久性・快適性
●自然と住む人の共存
●自然との共生

が基本になっています。


私たちの会社もメンバー紹介に出ています♪


今回のvol.4のテーマは、
「気象と病気のふしぎな関係」
「身体と環境に、優しく無理ない省エネ住宅」

について書かれていました。なかなか興味深い内容ですよ♪

会社にいくつかございますので、もし興味のある方いらっしゃいましたら、差し上げます。
キタホームHPのお問合せフォームより、「カナリア通信vol.4希望」と書いて、送ってくださいませ♪近日中にご郵送させていただきます。

こういうの、最近良く見かけませんか?



壁の三角部分の高い位置に、黒色の模様がついたものを取り付けられているお家をご覧になったことはございませんでしょうか。

これは、

「妻カザリ」

というもので、装飾として使われています。
ちょうど、この三角になる面のことを、建築の用語で

「妻面」

といういいかたをします。この妻面に、アクセントとしてカザリをつけることから、妻カザリという商品名となっています。

先日、「あれは家紋か何かをあらわしているの?」というご質問をいただきました。私たちはごく普通にカザリ物っと思っていたのですが、どんなものか知らない方だったら、あれって何だ?っという風に思われるのは、無理もないなーと思いました。


きっと、私たちの中で、「お客様もこれは知ってるだろう」とか、私たちだけのなかで「当たり前」にしてしまっていることが、きっときっとほかにもたくさんあるんだろう。。。と考えさせられました。素朴な疑問ほど、私たちにとってありがたいことはないです。お客様にお家のことでご説明するときにも、お客様の立場にできるだけ近くたって、物を見たりお話をさせていただいたりしていきたいと、思っています。



照明器具の専門の照明アドバイザーさんです



現場が立ちあがったあとに、一通り見渡して、照明器具の配灯を再度検討したいと思いました。
空間が想像よりも、少し広く、自分が提案したものだと少し照度がたりないのでは、というところからです。

悩みに悩んだあげく、いつもとっても親切に対応してくださる、松下電工の担当の方に相談したところ、現場まで来てくださいました。

現場に、女性がくることがあまりないので、職人さんたちも緊張気味でした。。。でも、本当に寒い中いろいろ提案してくださり、いっしょに悩んでくださいました。

さっそく新しい提案を先ほど持ってきてくださり、とてもいい感じになっていました。後日お施主様のところに行って、ご提案させていただきます。

現場を見て、確認。

これが一番確かです!!

はぎれを、有効に活用してくださいました。

小松市の八里台の、OBのお客様に、先日、カーテンのはぎれをプレゼントしました。そしたら、今日なんと、さっそくご活用くださってるのをみて、びっくりしました。

白いドアで、内装も白色で統一されているお家だったので、シンプルで、ちょっとだけ色が入った感じの生地のはぎれを選びました。これを扉のガラスの部分にレールをつけてかけてありました。



ちょうど、玄関ドアをあけると、この扉があってその向こうがリビング。
「ガラスが透明だから、中が見えてしまうんです。で、先日もらった生地がかわいかったので、合せてみると、幅はぴったりで、高さだけ調整(カット)して縫いました」

とのことで、すごく気に入ってくださったご様子でした。
奥様の雰囲気にも、お家の雰囲気にも、ぴったりの生地で、「よかったー♪♪」そう感じました。


私たちのショールームには、

●カーテンのはぎれ
●床板の無垢板のこっぱ
●モザイクタイルのあまったもの

などを自由にお持ちかえりいただけるように、すこし飾らせていただいております。

私はそれをふっと思い出し、その中から、このお客様宅の雰囲気にあうだろうなーっと思うものを一つ見つけたので、一個持っていったのでした。

でも、すぐにそれが活用されているのを見ると、少しでもお役に立てたかなと思ってうれしいです。なんといっても、お客様が喜んでくださっているご様子がうれしかったです。ほんとにちょっとしたことだったのに、うれしい気持ちはおっきいです。

建方工事


現在、金沢市小橋町で、新築工事を建設中です。昨日レッカーがはいり、建物の形がわかるようになりました。

ツーバイフォー工法は、工場でパネルを製作し、現場でそのパネルをくみ上げていきます。
工場でのパネル製作でのメリットは、

●精度が均一される。
●現場合わせの部分が少ないため、現場での材料の切断・加工の時間が省ける。
●現場合わせの部分が少ないため、現場がきれいな状態を保つことができる。
●床パネルを施工するので、作業の安全性が高い。
●大工さんの腕による、仕上がりのばらつきがでにくい。

などがあげられます。

デメリットとしては、建て方工事に日数がかかるため、雨養生を入念に行う必要があります。
私達は、材料の搬入の際にはシート養生を、行っています。
施工中に雨が降った場合でも、床合板には、大きなシートを使って、養生を行います。

先日お引渡しを終えたお客様宅に訪問しました。


なんとなんと、てづくりパンをいただいてしまいました!!
ソーラーサーキットのお住まいに、とてもご満足いただけているご様子で、たくさんの喜びの声をお聞きしてまいりました。
【良かったこと】
●外から中に入ると、あったかくて、ほっとする♪
●洗濯物がすぐに乾く
●家の中がカラッとしていて清潔感がある
●間取りがよくて、生活がとてもしやすい!!住み心地が本当にいい!!

【ちょっと・・・・っていうところ】
●家全体はあったかいんだけど、階段から冷気がおりてくるのを感じることがあるんです。
(蓄熱暖房器を1Fに一台だけに設置されて、2Fには生活して様子を見てから設置するかどう  かご検討とのことでした。今は、蓄熱暖房器一台のみです)
●ちょっと声が響くかなー。

とのご意見でした。貴重なご意見ありがとうございます。


私は、しつこいですが、本当にパンが好きということもあって、お客様の手作りパンをばくばく頂戴しました。本当に心がこもっていておいしかったです。

私も、心を込めたお家作りをすることで、お客様に住み心地のよいお住まいをお届けできるのかな♪っと思いました。
これからお庭づくりのお話を進めさせていただきます。外構で家の表情も変わりますからね♪楽しみです。

壁紙の貼り分け方


壁紙は、一面同じものにしなくてはならない、という決まりはございません。ところどころポイントに色や素材をかえることができます。

これは、トイレの器具の幅に合せて、少し濃い色の壁紙を採用しています。貼り分けるといってもむやみにいろんな色を使っては、ちぐはぐでバランスがわるくなります。

このはりわけ方をすることによって、視線が真ん中によるため、お部屋の入り隅をぼやかすことができます。空間の角や、入り隅を見えにくくすることで、広がりを感じることができます。

その空間の中で、どの位置に、どの色で、どんな素材を組み合せるかということを、吟味する必要がありますね。

今日、またうれしいことがありました!


今日、とてもうれしいことがありました。後輩が、お客様からご契約をいただくことができました。
ずっと、間取りのことや、ご予算のことなど、いろいろお客様とお打合せをさせていただいている中、いっしょに相談しながら、「お施主様にとってどんなお家があっているんだろう」「お施主様はどんな生活スタイルが落ち着くんだろう」ということを念頭において、いつも話しあっていました。

今日、いよいよご契約。朝早くから会社に来て、資料を一通りチェックしていたようです。

私よりも先に来てたことに、驚きとちょっとうれしい気持ちとありました。
責任持って仕事に取り組む姿勢は、本当に大切なことですよね。
後輩の成長は、私の喜びです。これからも、どんどん大きくなっていってほしいですし、私も新しいことにチャレンジしていくぞ!!と気持ちが引き締まります。

★写真の左下の女の子です。よかったです。この笑顔から自信さえ感じられます!右側の男の子は、今日立ち会ってくれました。いろいろ細かいところまで気づいてくれる、彼女の先輩です。今日は休みの日なのに、嫌な顔一つせず、自主的に出てきてくれました。キタホームは、フレッシュで、責任感の強い人が集まっている会社です♪

おいしいパンいただきました♪


かほく市にお住まいの、築7年になるOBのお客様から、おいしいパンの差し入れをいただきました。私は、パン好きということもあって、初めてこのパンをいただいたとき、「おいしーーい!!」と感動して、どこのお店のパンなんだろうっと思っていました。

その感謝の思いをお客様にお伝えして、私の好きなパンやさんをご紹介したりと、おつきあいさせていただき、それ依頼、このおいしいパンを届けてくださいます。

お住まいを通じていろんな面で、おつきあいさせていただけることを本当にありがたく感じています。どんなことでも、お客様と一緒に考えたり、喜んだり、勉強したりすることができるってことは幸せなことだなーと思います。

お電話したのですが、まだお戻りでないご様子でしたので、お礼状を書かせていただきました。感謝の気持ちを込めて、下手な文章ではありますが、一生懸命書きました。
「そんなんわざわざせんでいいがんにー」
というあかるい奥様の声が聞こえてきそうな気がします♪

平面ではなく、立体でみたほうがイメージがわかります。


私たちは、いつも模型を作りながら、建物のイメージをさらに固めていきます。
敷地に対して、どんな位置関係かということも、模型を見ることですごくよくわかります。

地盤改良工事です

地盤改良工事です。地盤を改良するというのは、地盤の強度の調査を行い、その地面に建物がのったときに、充分に耐えられる強度があるかどうかを調べます。

建てる建物が、どんなに素敵で、頑丈なものができたとしても、いっちばん下になる地盤が頑丈でなくては、大変です。

頑丈な耐圧盤を作っています。セメント固化材と、地盤の土を混ぜて、重機で転圧します。



★後からでは、どうすることもできない、地盤・基礎・構造・断熱の部分は充分考えていきたいところですね。

ツーバイフォー工法だからできる自由設計


ツーバイフォー工法は、屋根・壁・床で力を分散してくれるので、大空間をつくることができます。
大きな吹き抜けをつくることで、空間の広がりを感じることができます。

写真は、玄関の吹抜けを見上げたところです。天井が勾配なりに、二階ホールまでつながっています。気持ちも開放的になりますし、空間をつなげることで、お部屋の空気の循環もスムーズになります。

以前ご紹介した,ヨシタベーカリーさん

今度,新しいお店を建てられます。その建設地から,なんと 土器多数とたて穴式住居跡が発見されたそうです。今調査書を見せてもらえました。何千年もの歴史をヨシタベーカリーが新しく引き継いでくれるんですね。[#IMAGE|S58#]



東力の家です。


現場には、仮設計画というものがあります。

●養生足場は、どういう風に設置するか
●仮設トイレの位置、扉の向き
●工事看板の設置
●仮設ゲートの設置

などなどです。

現場の仮設計画がしっかりできていると、現場の中も自然と引き締まります。
建方がおわると、養生ネットで囲ってしまうため、建物の形が見えにくくなってしまいますが、この養生ネットは、安全のため、ご近所様にご迷惑がかからないようにするために必要なものとなります。

写真は、現在着工中の「東力の家」です。現在ソーラーサーキットのインナーサーキットを施工中です。お気軽にお立ち寄りください!!大工さんとっても気軽にお話してくれる人ですよ♪

スイッチプレートにも、いろいろ種類があるんですよ♪


オシャレなインテリアに合せて、スイッチプレートにもこだわられています♪
スイッチプレートというのは、普通白いプラスチック製のものが多いのですが、



こんな風に、木製のおしゃれなものもございます。雑貨屋さんや、インターネットなどで購入することができ、種類も豊富です。木製、ステンレス、陶器のものなどいろいろありますよ。

今お使いのスイッチでも、プレートだけ交換可能です。(商品によっては、できないものもあるかもしれませんが、大体寸法などは合せて作られています♪)

新年のご挨拶まわりです


昨日、今日と新年のご挨拶にお客様宅へ、訪問させていただいております。
そんなとき、ついでに玄関ドアの調整なども確認して、必要であれば調整を行います。

★今日も、玄関ドアのラッチが固くなって、ひっかかり感があったので、私たちの7つ道具の一つである、シリコンスプレーとタオルを片手に、調整を行っている様子です。

ちょうど固くなって滑りが悪い部分にスプレーを噴きかけ、何回かドアを開け閉めしてスプレーの液体が、ラッチにいきわたるようにします。

スムーズに動くようになり、お客様も喜んでくださいました。
ほんの2~3分でできてしまうことなので、これからまた気になることがあったら、遠慮せずお声かけてくださいね。とお話してまいりました。




★こちらのお家では、いつもインテリアがとてもオシャレで、お邪魔するたびに、感激して写真をパシャパシャ撮らせていただいております♪
子猫を飼われたそうで、飾り物をいたずらされるようになり、困ってるんです♪とおっしゃられていました。ソーラーサーキットのお家なのですが、ぜんぜん動物の匂いも感じられず、とても快適な玄関でした!

今日から仕事初めです


みなさま、あけましておめでとうございます。
本年も何卒、宜しくお願いいたします。

私どもは、今日から仕事始めです。
朝の朝礼の後、みんなで初詣に尾山神社へ行きました。

毎年、ここでおみくじを引くのが恒例♪
なぜか私だけいつも、恋おみくじをひいて、みんなから寒い目で見られています。


尾山神社に行くと、私たちと同じように、会社の方々がそろってお参りにいらしてる様子が伺えました。いつもは近くの駐車場がいっぱいで、なかなか入れないのですが、今年は少しすいていました。午前中はお天気も良かったので気持ちよかったです。

今年も、皆様にとって素晴らしい一年になりますように。。。
それから、みんなが健康で過ごすことができますように。。。
それから、自分の目標が達成できますように。。。

よくばって、いっぱいお願い事をしてきました。
神様に
「一つにしなさい」
と、もし言われるなら、

「健康でいられますように」

これにします♪

ル.コルビュジエの番組を見ました



BSで放映された,コルビュジエの番組を見ました。ジャンヌレ時代からの建物を菊川怜さんが実際に見て,感じたことを話してくださっています。わたしの目標の一つは,「ロンシャンの教会」を見に行くことです。
プロフィール

magocoro

Author:magocoro
継続は魅力なり
この言葉に支えられて

カレンダー
12 | 2008/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
アクセス
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
以前の記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR